PARA CHANNEL Cage

聴覚障がい者×マスク社会の現実

【手話者】として生きる私の困りごと

2021.9.21

わたしは、コーヒーと本(とりわけ、『妻のトリセツ』で著名なエッセイストの黒川伊保子さん)を愛するろう者である。

ある人との出会いのおかげで、【手話者】という前向きなアイデンティティを手にした。【手話者】とは、ハッキリした定義はないが、手話を少しでも話せる人、手話が好きである人ということを指す。

ある人とは、その人の立場も考慮して具体的に言えないのだが、仕事で知り合った恩人だ。

執筆:中川 夜 Yoru Nakagawa

「聴こえない」マイナス思考から救ってくれた恩人

はじめて、恩人と出会ったとき、どこでもいるような平凡な人だなという印象だった。

それまでに一緒に仕事をした他の先輩は、私との意志疎通がうまく行かず何か起きてしまったとき、「それはあなたの伝え方が悪いからだ」と暗に聴こえないことを責め、一方的に叱責するような人が多かった。

でも、恩人は違っていた。「どうしてきみはこんな行動をしたの?」と事情と理由を聞いて、起きたことの背景を知ろうとしてくれた。それが他の人と違うところだった。

それなのに、その頃の私は、元々の根深いマイナス思考から、恩人からも「否定された!」と怖がり、しどろもどろになってしまっていた。

そんな私を見て、恩人は困ったような顔をした。怒るのではなく。

何度か同じことを繰り返すうちに、「あれ?私を否定しているわけじゃないんだ」と段々わかってきた。私が説明すれば、きちんと向き合って、理解しようとしてくれた。

【手話者】というアイデンティティを手に入れた

恩人は自分のことを【手話者】と言っていた。

手話を用いて、意思を伝達することに喜びを感じる人であった。手話が堪能でボキャブラリーも豊富だった。いつしか、その言語に惹かれた。

聴覚障がい者は誰もが手話を習得しているわけではない。中には仕方なく覚えた、という人もいる。私もその中の一人だった。

しかし、恩人は「手話が好きでたまらない」から手と腕を駆使し、表情を豊かに、文法に則って抑揚をつけ臨場感たっぷりに自分の意思を伝える。そんな風に、手話を前向きに捉えているのが新鮮だった。

そんな恩人を見ているうちに、少しでも聴者に近付けようと「聴こえている」ように見せる努力を続けていた、今までの自分を少し恥ずかしく思った。

20年以上悩んで「ろう者」として生きていくと決めた

「聴覚障がい者」の中でも、「ろう」or「重度難聴」どちらを選ぶか?

即ち、
「ろう」=“音のない世界”を選び切るか、
「重度難聴」=聴者らしく振る舞うことで「ほんのすこししか得られない」”音のある世界“をまだ希求するか。

どちらを選ぶかという葛藤が、約20年半ずっとあった。そして、今年30歳になって、自分はこれだなという確信を持った。

私は、完全に音を捨てて「ろう者」として生きていくと決めた。

等身大の自分や身体能力(聴力)の限界を受け入れたこと、恩人との出会いをきっかけに、言葉や信頼や経験をたくさんいただいたこと、すべてが連鎖し、つながって、決断することができた。

とくに、自分自身で【手話者】と言えるアイデンティティを手に入れたことは大きかった。

ここに至るまで、葛藤もたくさんあった。けれども、選んだ後は正直生きやすくなっている。それは、【手話者】として、コミュニケーションを取ることができるからかもしれない。

コミュニケーションの欠乏しやすい聴覚障がい者は孤独感を覚えやすい。孤独感は生きづらさに繋がる。それについては、また別の機会に、もっと詳しくコラムで語りたいと思う。

聴覚障がい者がコロナ禍で困ってること

コロナ禍をきっかけにして、人々の生活の様相は変わった。なかでも目立つのは、不織布等のマスク着用の人々の姿である。

そして、マスクの着用によって、聴覚障がい者の会話はどうなったかというと…手話を用いたとしても、マスクをつけたままの会話というのは非常に難しい。

マスクつけたまま、話すこともある程度は可能ではあるが、細かい情報となると、見逃してしまい、理解しにくい。

希望の光!透明マスクの発見

そんなマスク社会における聴覚障がい者のコミュニケーションを助ける手がかりとなるのが、透明マスクである。

これは画期的なアイディアである。口元が見えることで、意思の疎通が劇的にスムーズになる。

人として、コミュニケーションを取り合いながら共生していく。そんな当たり前のことが脅かされているコロナ渦で、この透明マスクは、聴覚障がい者にとって希望の光とも言えるだろう。

次回以降のコラムでは、コミュニケーションが難しい聴覚障がい者の孤独や、透明マスクの実用性などについても書いていこうと思う。

1991年生まれ。ろう者ライター。聴覚と精神の重複障害者。
恩人から対話による深い安心を頂いたことで生きやすさを覚え、書物でなく、人との間の言葉のやり取りで、安心の循環を生み出す方法に興味を持つ。シナリオセンターに通いつつ、現在は任意団体デフシル-DEAF SHIRU-で、絵本製作プロジェクトに参戦中。また、聴覚障がいの多様性を発信中。

関連記事

企業担当者様へ取材依頼はこちらから

会員限定記事やコラムの裏側など、登録者限定の情報をお届けします!『多様性のある社会を実現する』ための一歩を踏み出そう。メルマガ登録して応援!